こんにちは。丸の内OL、中田氏です。

ハプニング目的の男女が集まる場所といえば、ハプニングバー。

今回は、藤沢にあるハプニングバー「Reality(リアリティ)」に潜入しました。

システムや雰囲気をご紹介します。

スポンサーリンク

ハプニングバー「Reality(リアリティー)」は、藤沢駅から徒歩2分!

ハプニングバー「Reality(リアリティー)」は藤沢駅から徒歩2分のところにあります。

めっちゃ近い!!

ハプニングバーって結構駅から離れた場所にあることが多いので、ここまでアクセスのいいお店は初めてです。

駅から歩いていくと、「大人同士のコミュニケーションBar」というオブラートに包んだ看板が見えてきます。

7階ですね。キャッチのお兄さんたちがビル前でたむろしているので、ちょっとビビりつつエレベーターへ。

エレベーター横に中華料理屋さんがあるので、美味しそうな香りについ入店したくなりつつ…

着きました!ドア横のインターホンを押して入店します。お兄さんが出迎えてくれました。

入店すると、ざっくりお店のルール、料金説明を受けます。

スポンサーリンク

料金がなんと単独女性500円!しかも期間限定で入会金も無料

料金を聞くと、単独女性はたったの500円。安すぎだろ(´゚д゚`)

これでお酒何時間も飲み放題ですよ?居酒屋に行くよりはるかに安く済みます。

都内のハプニングバーの料金相場は、1000〜2000円くらい。

東京でも23区外とか神奈川・千葉とか関東近郊の県だと完全無料〜500円くらいだけど、駅から結構遠いお店が多いんですよね。

アクセスしづらいだけに、安くしてお客さんを集めているというわけ。

でも、Realityは駅から徒歩2分かつ500円!10月末までは入会費も無料!

あと、入店前にお店の公式BBSに「◯時に来店します〜」と書き込んでおくと、ドリンクが1杯無料になります。太っ腹すぎ。

スポンサーリンク

店外で会わない・連絡先交換しない・本名は言わない等の店外ルールあり

Reality(リアリティー)がいいなと思ったのは、店外のルールがしっかりしていること。

渋谷にある日本最大級のハプニングバー「眠りの森の美女」に行ったときは、店内のルールは厳しいものの、店外でのルールは全くなかったんです。

店内で女性に無理やりセックスしちゃだめですよ、と口酸っぱく言われることはあっても、

「店外でストーキング行為などをされたとしても、こういうお店に来ているご自身の責任ですよね」

というスタンスでした。

でもReality(リアリティー)では、

店外で話しかけちゃダメとか、連絡先は絶対交換しないでとか、

店外での生活をきちんと考えたルールが厳格に実行されていたので好感度高かったですね。

やっぱり、ハプニングバーに行く最大の不安は、「変態おじさん・おばさんにストーキングとか嫌がらせを受けるかも」ってことなので。

お店から出るときも、1人1人別々に帰らなきゃいけないんです。

理由は、前に帰ったお客さんを別のお客さんが追いかけたりできないように。

こういう細かい心遣いは、ありがたいですね。

何かイヤなことがあれば店員さんにすぐ言えるくらいのフランクな雰囲気だし、

問題があればReality(リアリティー)グループ全体でそのお客さんを出禁にしてもらえるそうなので、安心できます。

談笑用のバースペース(7階)と、プレイルーム(8階)がある

店内は、談笑用のバースペースとプレイルームに分かれてました。

バースペースは10畳くらいで、2〜4人がけのテーブル席が4組、カウンター席は5人掛けになってます。

プレイルームはもっと広くて、12畳くらい。

カーテンで仕切られているものの、乱交したいときは、やってるカップルに声をかけてカーテンをひいてもいいんだとか。

壁にはセクシーなランジェリーとかコスプレ衣装が掛けられていて、アングラな雰囲気を醸し出していました。

プレイルームの近くにはロッカールームもあるので、その付近に大量にあるコスプレ衣装に着替えることもできます。

プレイとは関係なくコスプレしてもいいそうです。

衣装は、女子高生の制服、チャイナドレス、パイスー、婦警などなど、

王道からマイナーまでいろいろありました。ガチャピンの着ぐるみもあったようなw

コスプレ好きで安く飲みたい女性には、Reality(リアリティー)は結構おすすめですね。

ルールは絶対。破れば出禁。女性を守るルールは厳守!

ルール説明時に店員さんに口酸っぱく言われたのが、この3点。

  • 嫌なときは、きっぱり拒否してください
  • 嫌がってもやめてもらえなかったら、すぐに店員を呼んでください
  • プレイルームを使うときは、店員に一声かけてください

特に注意されたのが「プレイルームを使うときは、店員に一声かけてください」ということ。

プレイルームにいつ、何人入ったのか。

しっかり店側が把握しておかないと、もし女性が何かひどい目にあわされていたら助けてあげられないですよね。

また、嫌なときはしっかり拒否するように、もしムリなら店員を呼ぶようにと強く言われました。

破れば即出禁ですとのこと。

うーん、ルールがしっかりしているので女性1人でも心強いですね。

女装子、オタサーの姫、スナックのママ、売れない歌手…アングラな人々がハプニングバーには集まる

私がお邪魔したときは、女装子・オタサーの姫・スナックのママ・売れない歌手の4人がバーカウンターで飲んでました。

Reality(リアリティー)はセックスよりも談笑目的の人が多いようで、

4人とも2〜3時間ここで飲んでいると話していました。

ただ、やはりハプニングバーなので、

オタサーの姫からおっぱいを触られたり、キスをねだられたりはしましたが華麗にスルー。

それ以上は迫られなかったです。

女装子はハプニングバーの常連さんらしく、藤沢や都内のハプニングバー事情をいろいろと話してくれて面白かったですね。

まあ、明らかにアゴあたりが青いところに男を感じるので、ゴスロリ系の服とのギャップが凄かったですけれども…。

スナックのママさんは、泥酔してました。

ウィスキーをガブ飲みしてて、売れない歌手に絡んでましたね。

「ほんとあの男、最悪。でも貢いじゃうんだよね…私ほんと寂しいとバカになるからさ…」

と歌手に愚痴ってましたが、完全に無視されてました。コントみたい。

アングラな世界で、安く飲みたい人におすすめ!

コスプレしながら飲んだり、アングラな世界を見ながら安く飲みたい人には、Reality(リアリティー)はおすすめですね。

基本、みんなセックスしないので。

ハプニングバーは怖いけど、ちょっと見てみたいなという初心者向けだと思います。

皆さんも、ぜひアングラな世界を体験してみてはいかがでしょうか…?